山 路 越 え て
― 法華津峠を訪ねて ―
                                  
                      松岡 順之助(医師)




1.第一節 山路こえて ひとりゆけど 主の手にすがれる 身はやすけし

 そのGolden Hillの旋律とともに日本人の「こころ」に沁みて「安らぎ」と「はげまし」を与えるこの讃美歌の作者、西村清雄(にしむらすがお)(1871―1964)は明治4年松山市北京に生れた。祖父西村清臣は幕末の代表的俳人としてまた松山の指導者として知られた人で、叔父の道後村村長伊佐庭如矢は現存の有名な道後温泉本館の創立者である。
 清雄は明治18年愛媛県第1中学校(後の松山中学)に入学したが(この頃カトリックの洗礼を受けている)翌年廃校となり大阪に出て英語を学び、一時同志社にも入学したが、大阪基督教会で宮川経輝の教えを受けた。宮川経輝は熊本洋学校で米国人ジョンーズ大尉に学び明治9年同志と花岡山で「奉教の誓」をし洋学は廃校、級友と共に同志社に移った“熊本バンド”の出身、同志社第1回卒業生。卒業後同志社女学校教師となり1881年加藤勇次郎・伊藤時雄と共に「修学志願にして学費乏しき者」の為に女子教育社設置を計画、翌年卒業生を出して居る。現同志社女子大学の創始である。
 清雄は明治23年帰郷すると宣教師Corneklia・Judson女史(1860-1939)の“夜学校設立”の希望に協力して「普通夜学会」を開く。明治25年21歳で校長となり、2年後「松山夜学校」と改称、寄宿生と寝食勉学労働を共にした。ここに宮川の精神が生きているのを見る。私たちは今回“医学的に自己の意思表示のできない”患者さんへのケアについて話し合ったが“社会的に自己の意志表現の出来にくい”勤労青少年のために修学の施設を創ったのであった。経済的にも教育的にも多くの困難があったであろう。しかし清雄らはすべてを主にゆだねて歩んだ。


2.第二節 松のあらし、谷のながれ、みつかいの歌も、かくやありなん。

 8月20日、総会終了後、私たち10名は森先生のご厚意によるベテル病院のディケア送迎車2台に分乗させて頂いて松山を出発した。車中で白方兄(日本バプテスト病院)が旅路の導きを主に祈られた。用意して下さったお弁当のお茶の容器は最近の市販ではない貴重なビニールだ。ここにも主催者の細かい心ずくしが偲ばれる。
 国道56号、大洲までの山中を切り開いた高速道路2時間、そうし県道数十分。法華津トンネル(1320m)など9つのトンネルを抜けてもう高知県に近い宇和島の傍、しかし車中は食事をしながら病院の事、教会の事、友のこと、話題がにぎわった。さらにこの地の特産のミカン畑の林道を峠に向かったが崖崩れのための通行止めになった2つの路を引き返してやっと3回目にうねうねした昼なお暗い山腹の林の中の細い崖縁の道を抜けて登って行く。ここは昔から宇和島街道最大の難所とされていた。幕末宇和島藩に招かれた村田蔵六=大村益次郎(蘭学者・医師・軍法家1824-1869)も「伊豫の山は優美だと聞いていたがなかなかどうして」と悲鳴(?)を上げている。(司馬遼太郎:花神)改修が着工されたのは明治34年(西村の通った翌年)であった。今も地図には点線になっている。
 しかしやっと、西予市宇和町と宇和島市吉田町の境界“法華津峠”(標高436m)に辿り着くと急に視界か開けてすばらしい光景が目に飛び込んで来た。眼下はリヤス式の宇和海の法華津湾、近くの岬は大良鼻、遠くのは赤崎鼻、岸によせる白波、その先に紺碧の豊予海峡が拡がって居る。浮かぶ島島、高島、戸島、嘉島、日振島。彼方には大分、佐伯、津久見の九州の連山がすぐそこのように眺められる。まさに絶景である。法華津峠。海近くの仏様の華開く峠。「極楽とはこんな所か」と思いつつ昔からの旅人も、長い山路の登りの疲れを癒され、また歩みをはじめたのであろう。
 それらを背景に松山城南高等学校建立(1955年)の「山路越えて」の碑がある。私たち13人も午後の明るい光りの中で記念写真を撮り、念願のこの地でこの讃美歌を唱和し、黒川兄(聖路加国際病院・キ医連議長)が代表して感謝の祈りを捧げ、恵に満たされてこの地を後にしたのだった。
 この“絶景”に西村翁も御国はかくあらんと偲びつつこの歌詞を創られたかと考えていた。しかし記録によるとこれが創られたのは1903年(明治36年)2月、当時西村清雄は33歳、宇和鳥で伝道活動中のジャドソン師への協力後の帰途であったという。時は寒い冬の日暮れ。寂しい深山に闇の帳が迫るころであった。耳に響くのは「ごうごう」という松のあらし、谷の流れの音も厳しく理的には一般的に決して心地よいものでなく、むしろ心細さを掻き立てる御使いの歌には似つかぬ恐ろしい物音ではなかったろうか。しかし生理的の不気味な音も日頃、松山夜学校経営の嵐の中で主の手にすがり聖書の御言葉の光に照らされて祈り導かれて毎日を生きてきた信仰者西村清雄の耳には御使いの歌であり、


3.第三節 嶺の雪とこころ清く、雲なきみ空とむねは澄みぬ

 目にはいってくる、近くの、また遠くの嶺の雪、満天の星空は信仰者の雲なき青空に澄む光りであった。これか陽気燦々たる“五月の歌”でなく寒い二月の闇の帳が迫るころの歌であることを知って“自然の目と耳で聞き見たもの”でなく“信仰の心で聞き、見た、もの”であったことが分かった。またここですく思い浮かぶのは有名な“五月の歌”の作者でもある自然讃美者ゲーテの「旅人の夜の歌」(下記)であるが

(記)
 「峰峰に想い在り 梢にかよう風もなく 森には鳥の声もやみぬ まて しばし やがて 我もやすまん」
 「なんじ、天上よりおとずれなべてのなやみをしずめるもの、いや深く苦しむ心をいや深く慰めもて満たすものよ ああ われは営みに疲れぬ。苦しみといい楽しみというも何やさしき憩いよ、来れわがむねに」(※1)
 西村のはゲーテの憩い(死)を目指したものとは全く次元の異なった「闇を光とする主なる神」ヘの讃美の歌であった。ここで我々も実は信仰の心で目や耳を澄ませば「み使いの歌」なのに、不信のために“魔音”と聞いていることはないだろうか(?)とも思う。

4.第四節 みちけわしく、ゆくてとうし、こころざすかたに、いつか着くらん

 「まだ大洲まても5里、松山まではさらに山山嶺嶺を越えねばならず、道程は遠い。旅程がまだまたかかるだけでなく、学校開設から10年近くたったが、働きながら学ぶ理想の教育には思うように行かない。恩師宮川経輝の志に感激し、ジャドソン師と主キリストの示された弱い者への愛を語り合って創った“貧しい青少年が働きながら学べる学校教育”の高い理想にはまだまだ程遠い。

5.第五節 されども主よ、われいのらじ(※原文ねぎまつらじ)、旅路のおわりのちかれとは

 「私は今旅をしながらこの歌の推敲を重ねて居る。早く松山に到着したいと思う一方で松山に帰ったらまた忙しい。それまでが歌つくりに専念出来る貴重な時間だ。あんまり早くは松山に着かないで時間が長くあって欲しい。」という現実的なことのではなくて(?)、苦しい旅が楽しいものになったのは事実であるが、「神の国の理想には程遠い学校の現実、周囲には多くの困難な問題が山積している。しかし、本ものの教育は長い時間がかかるもの。焦っては駄目だ。本ものの学校とはそんなに簡単に出来るものではない。これからも年月をかけて本ものの教育をする学校を創って行くのだ。
 この世での使命のため、主に倣い十字架を負って山路を越えて進みつづけます。早く御国に行きたいとは思いません。」の決意が伺える。西村清雄の愛した聖句は「先ず神の国と神の義を求めなさい(マタイ6:33)」であった。1948年、松山城南高等学校として認可されるまでに、後37年であった。同校は現在全日制、福祉学科や5年制の看護学科もあるユニークなキリスト教高等学校である。そうして事実、西村清雄は94歳の高齢までこの世の主の使命を果たした。即ち松山城南高校退職後、1945年から松山東雲学園(二宮邦次郎牧師による明治19年創立の四国最古のキリスト教女学校。現在大学もある)の女学校長に迎えられて働いた。当然のことながら、昭和37年(1967年)松山仕名誉市民(第1号)に推薦されている。

6.第六節 日もくれなば、石のまくら かりねの夢にも み国しのばん

 作者によると「日はすでに西山にかたむいていた。山頂には残雪が輝き梢には松の嵐、谷川には渓流のささやきが聞こえていた。やがて冬の日は暮れて、木の葉を漏れる星あかりでやっと山路を辿ったが大洲まではまだ五里もあると思えば心細かった。そのときふとかねて三輪源三君が新作讃美歌を見せてくれたことを心に浮かべた。」と。今夜はここで堅い石を枕に、寒い冬の野営をしなければならない。寒さは厳しく、よくは寝られなかった。しかし、「想いをわたしの好きなGolden Hillの歌に合わせて一句一句に作り、一節できれば歌ってみてまた次の一節に移るうち、感興次第に加わり今までの寂しさもどこかえ去り、夜の旅路を楽しみ『されども主よ、ねぎまつらじ(※:原文)、旅路の終わりの近かれとは』の旬が自然に出てきたのである。」 この歌は西村の友人で「讃美歌」(1903)の編集員であった三輪源三によって紹介され同歌集に一部加筆修正して採用された。まだラジオもない当時、--種の流行歌のように愛唱された。さらに英訳されて(中国語にも訳され一筆者)国際的に愛唱された。“Golden Hill”は米国讃美歌初期の曲で我が国でも明治以来広く歌われた。作曲者はAacon Chapin(1768―?)とされているが詳細は不明である。(※:2)寂しい山中の暗い旅はみ恵みに満ちた楽しい讃美の一夜の舞台になった。そうして現実的にも松山夜学校や松山市の将来を夢見る一時となった。これは「どんなに暗い世相でも、救い主の手にすがり、聖書の光りに照らされながら、理想を目指して十字架を背負って行くのだ。」という強い決意である。
 同じくAaronのGolden Hillによる讃美歌「海行くとも、山行くともも」(Jamus Montogomery1818)があるが、これは最初「生死の帰結」と題された歌(※:2)で信仰的な慰めの歌であるが現実生活には消極的でもある。十字架の贖罪によって約束されたキリストの“福音の信仰による究極的楽天主義”に生かされた社会事業家、教育家の西村清雄の讃美は夜の闇に御国の光を望み、慰めとともにこの世を神の国とする困難に立ち向かう意欲に満ちて積極的に生きる勇気を与える。

7.松山とキ医連とそこで私が学んだもの

 1964年、筆者が3年有余の松山赤十字勤務最後の年,松山名誉市民、讃美歌「山路越えて」の作者西村清雄翁の召天を新聞紙上で知りました。以来此の歌が創られた松山近郊(?)の法華津峠とはどんなところか一度行ってみたいと思うようになりましたがその機会は40年近くなく, 昨年の57回総会の長崎外海(そとめ)のオブショナルツアーに参加された木村兄に「来年是非法華津峠まで」とお願いしたのでしたが、こんなに遠い文字通り山路をこえたところとは想像していませんでした。そうしてそこはまた想像を越えてすばらしい所でしたがゲーテの歌った自然讃美美の地でなく、主キリストか西村清雄の手を引いて、暗い寒い闇を明るい楽しい光の場に変えて、励まし、祝福して下さった創造主讃美の地でありました。
 以下私事で恐縮ですが私は松山在住の期間、今総会の最終日の聖日礼拝を担当して下さった小島先生が現在牧されて居る日本キリスト教団松山番町教会の礼拝に出席していました。 今回、数年前頂いた同教会の「百年史」の御返しに昨年発行したうちの(日本キリスト教団小倉東篠崎)教会の『百年史』を持って来て差し上げられられたのは嬉しいことでした。

@当時教会で、米国で学んだ松田協力牧師を通して“Personal Medicine”(人間医学)の提唱者・スイスのP ツルニエ博士の名と著作(「聖書と医学」、「仮面と真実」など)を教えられ、博士のご友人赤星進先輩(医師・元東京神学大学教授)のお交わりを得ました。
Aドイツ留学から帰えられて教会に講演に来られたJCMAにも関係の深い松村克巳先生(当時関西学院大学)がうちに泊まって下さって、「ドイツではまだ学問体系にはなって居ないが、医師と牧師が“Krankenkunde”(患者さんにどう対するか)について話し合っている」と知らせてくださいました。後年これが今日一緒した半田姉(元小倉記念病院・東海大学)らと“病人研究会”を創ったきっかけになりました。
B病院の開院記念日のシンポジュウム「患者に対する病院職員の在り方」に医局代表として「医師の在り方」を発表することがができました。(※:3)
C自分なりに臨床しながら実験して学位論文「腫瘍を中心とした膀胱のレントゲン診断」(CTのない時代、骨盤の中にあるボールの内面はどのようにしてどの方向から見たら骨に重ならないでよく見えるか)を纏めました。(※:4)それが後年H社やS社の(固定ームに人間を合わせるのでなく)“人間を中心にX線ビームが回転する全方向透視撮影台”開発のアイデアになりました。H社のものは島倭次郎技師(後副社長)によって設計され1970年代としては国際的にも最高の機能をもったものでした。S社のものは高坂光雄技師(後取締役)によって設計され“カセットレス”という新しい方式で世界の透視台を変え30年以上生産され続けられました。
D制ガン剤の著効例を経験して(※5)我が国の放射線治療のパイオニアである塚本憲保先生(国立がんセンター院長)の「がんの患者さんを前にして放射線科(治療)医は放射線の専門家であってはならない。がんの治療医でなくてはならない。」と言われたお言葉が身に沁みました。塚本先生は晩年洗礼を受けられました。放射線科医にとっても最も大事なこと「放射線は手段であり大事なのは患者さんである。」という(当たり前のことですが)ことを学んだのでした。以来卒業を控えた学生諸君にこのことを伝え、「今、素直な君たちは『この教師、当たり前のことを言って馬鹿でなかろか』と思っているだろう。しかしこれから10年たって君たちがそれぞれの専門家になったとき、『患者さんより自分の専門技術がより大事だ』と考える誘惑か来るのだ。」と講義して来ました。
Eまた担当した膵臓ガンの患者さんに病名告知のことで悩みましたが、当時こんなことは我が国の医学界ではテーマではありませんでした。討議の場はキ医連の「医学と福音」しかありませんでした。 このとき行ったキ医連の同志400余名による、その後医福誌に報告したアンケート調査は後年我が国最初の調査だと評価されました。此のときお父様との“Auf wieder sehen”のことを語ってくださった佐藤智先輩と親しくなりました。(※:6)

 この松山にいる時から私は「医の道」をキ医連無くしては歩めなくなったのでした。 松山は人情が厚く、温泉が出るだけでなく、信仰者西村清雄を生んだ地です。そうしてその西村清雄を名誉市民第1号とした地です。日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)がネパールにはじめて送った岩村昇先輩をも生んだ地であり、現在森先生の信仰によるベテル病院のある地です。そうして今度愛媛部会の友が素晴らしい第58回JCMA総会を開催してくださった地であり、私にとっても主が信仰と医学を一つにしてくださり、その後の医の歩みを決定できた地でした。松山は主の蒔かれた種が育つ、“よい地”です。


8.サウロの(医)学でないパウロの(医)学

 私たちキリスト者(医)学徒の学び実践する(医)学は、単なるヘレニステイック(科学的思考にもの)、またスタチックな(過去と自分に固執する)“サウロの(医)学”でない、日々,キリストに死に、新しくされる“ダイナミックなパウロの(医)学”です。目前の主が愛された最も小さい者のために自分のこれまでのすべての知識、経験、スキルを捨てる時、“主が私たちの思いに勝って神の知恵としてその栄光をあらわすようにしてくださる(医)学です。パウロに随行した医師ルカもきっとそれを体得していたとも思うのです。
 松山はこれからも主が導いてくださる“パウロ(医)学発展のよき地”であることを信じるものであります。
 キ医連のそうして私たちの前途には“ゲーテの憩い”はありません。暗い、険しい山路がはるか遠くまで連なって居ます。しかし主にすがり、御国を来らせるため、西村清雄先輩に続いてやすけく(法華峠の絶景や御つかいの歌に祝されながら喜びつつ)越えて行くのみです。

9.文献
※1手塚富雄訳:世界の詩集1.「ゲーテ詩集」、角川書店(1979)
※2日本基督教団讃美歌委員会編:「讃美歌略解」
                  日本基督教団出版局(1955)
               :「讃美歌21略解」
                  日本基督教団出版局(1998)
※3松岡順之介:「患者に対する医師の立場」
          日本医事新報2065号(1964.9.21.)
※4松岡順之介:「腫瘍を中心とした膀胱のレントゲン診断に関する研究」
          日医放学会誌――Vol.25.No.8(1965)
        「日本における万能透視台の発展」
          第15回国際放射線医学会議(ブラッセル・1986)
※5松岡順之介:「マイトマイシンが著効を奏した術後子宮癌肺転移の1例」
          癌の臨床 Vol.9.P.485.(1963)
※6松岡順之介:「予後不良の病気を病人に告げるべきか」
          「医学と福音」Vol.22.No.3.(1970)
        「癌患者にその癌を知らしむべきか」(パネルヂスカッション)
        日癌治誌 Vol.5.Np.1(1970)
※他:インターネットの索引による

10.感謝
 主キリストの恵みに満ちた第58回JCMA総会のあと、主に導かれ志を同じくする友とともに、法華津峠を訪問して西村清雄先生の主にある深い福音の信仰を偲ぶ機会を与えてくださった参加者10名、主に対しては勿論、会長加賀城兄、実行委員長木村兄、車を出してくださったベテル病院の森理事長ご兄弟、遠い難路を運転して案内してくださった森本兄、山内ご夫妻兄姉に心から感謝を捧げます。