本文へジャンプ
べテルの日記
2019年6月19日(松山べテル病院)
私のダイエット

こんにちは。リハビリテーション課 理学療法士の倉上貴行です。今回は私のダイエット方法についてお話させていただきます。

以前の私は身長167pで体重90s。動くと体が重く、服もパツパツ。子どもの運動会の綱引きには重宝されても、リレーには足手まとい。痩せても足が速くなるわけではありませんが、かっこ悪い体型の父親では子供も恥ずかしいのではないかと思い痩せようと決意しました。

最初は毎日2qのジョギングから始めました。徐々に3q、5qと距離を伸ばして今では週1回ですが10qを走っています。走り始めて2年が経過し、現在では体重も−12s減の78sです。多少の運動では息も上がらず、体も軽く、肝脂肪も改善し、肝数値(γ-GTP)も最高70台から20台と正常値になりました。





「時間が無い」「継続ができない」と諦める方も多くいます。私も途中で諦めかけた時がありました。しかし、同じ道でも車を運転していると分かりませんがジョギングやウォーキングだと新しい発見や楽しみを見つけられます。ある時はバッタを見つけて持ち帰り妻は叫び、子どもは喜び。またある時は隠れ家喫茶を発見し、妻を誘ってゴマすり。写真のような景色もゆっくりと眺めることもできます。ガーデニングや釣りなど自然が好きな私にはこのような景色を見ていると走っている間のしんどさも楽しい時間に変わり、リフレッシュできるひと時となっています。また、走っている時の頭の中は仕事のことや家庭のこと、さまざまなことを思案する時間にも有効的に使えて今では走ることが楽しみになっています。

初めは単純にダイエットを目標にしていましたが、思いのほか楽しいことも見つけることができ三日坊主もなく、2年も継続して実践できています。過去にダイエットに失敗した方、私の経験談がお役に立てば幸いです。

(リハビリテーション課 理学療法士 倉上貴行)


お問合せ
医療法人聖愛会 松山ベテル病院
〒790-0833 愛媛県松山市祝谷6丁目1229番地
電話:089-925-5000(代)
FAX:089-925-5599
E-mail:info@bethel.or.jp

このページの先頭へ