変わることのない安心

(2020/07/15)

 松山ベテル病院では、週に2回、チャペルで礼拝をささげています。

  4月初旬から、新型コロナウィルス感染症への対策として、チャペルに集まることができるのは職員のみとさせていただいておりました。この度、約10週間ぶりに患者さまもチャペルに集まることができるようになりました。その日の礼拝で、牧師がこのようなことを話してくださいました。

 神さまは聖書の中で、夜は必ず明けると語っています。ひとつひとつの課題は必ず解決していくのです。しかし、いずれまた次の夜がやってくるでしょう。聖書が語っている大切なことは、夜の間も私たちを支えている神さまがいるということなのです。

 聖書は意外にも現実的で驚きました。その上で、神さまのところには昼も夜も変わることのない安心があることを教えられました。

 私たちはこの変わることのない安心を支えにしながら、精一杯ひとつひとつの課題解決に取り組んでいくのだと、あらためて確信しています。

 

医療法人聖愛会 チャプレン 佐々木真理

礼拝の様子