栄養給食課

栄養給食課

基本理念

専門性を活かした栄養面からの患者ケアをサポートします。

基本方針

個人に応じた栄養の摂取、改善、維持を検討します。

患者さまの「食べる」という思いに寄り添った給食の提供を心掛けます。

栄養管理

・栄養管理実施加算に基づいた管理栄養士による、入院患者さま一人ひとりの栄養サポートを行っています。

~栄養指導~

外来、入院中の患者さまやご家族に対して、医師の指示に基づいた糖尿病や脂質異常症などの疾患に関わる食事指導の他、ミキサー食などの摂食嚥下障害による在宅でのお食事や栄養補給に関するアドバイスなども行っています。

給食管理

・主治医の指示のもと、常勤の管理栄養士による入院時食事療養(Ⅰ)に基づいた適正な給食を、季節折々の行事食を取り入れ提供しています。

疾患に対する治療食、緩和ケアでのお食事、様々なシーンにおけるお食事を、集団給食で出来る限りの個別対応とともに召し上がっていただける工夫を凝らしてサポートします。

 

~嚥下状態に合わせた安全な食形態の対応~ (嚥下とは・・・嚥下とは口の中の物を飲み込むことです。)

 

【一口刻み食】

肉や魚の切り身、くし型リンゴなどの大きな副食を切り分けにくい場合には口に運びやすいよう一口大にカットします。

 

【刻み食】

噛めない、義歯の調子が合わないなど噛むことが難しい場合は副食を細かく刻みます。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013

嚥下調整食3相当

 

【なめらか食】

粒のないミキサー状にした食材にゲル化剤を加えて加工し、ゼリー状に固めています。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013

嚥下調整食2-2相当

 

【ミキサー食】

それぞれの食材をミキサーにかけて均質なポタージュ状にしています。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013

嚥下調整食2-1相当

 

【嚥下開始食】

嚥下訓練として適した形態の、栄養価のあるゼリーです。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013

嚥下調整食1j相当

 

【嚥下評価食】

誤嚥に配慮して蛋白質ゼロの飲み込みの評価や訓練として用いる少量のゼリーです。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013

嚥下調整食0j相当

~お食事がすすまない時~(主治医の許可のもと)

緩和ケアの患者さまや食事内容に制限のない患者さまには、個別に、献立給食とは別メニューのお食事で対応させていただけます。

見た目の圧迫感を軽減するために本来の給食の全体量を減らして個別に補食を追加します。

お身体の状態に合わせて食べられる内容や工夫を相談させていただきます。

例】

食欲がなくて食事が全部食べられない、

甘くて喉ごしの良いものなら食べられそう・・・

1/2量の普通食にゼリーを追加

ゼリーのほかに喉ごしのよいシャーベット、果物、果物ジュース、甘味のない湯豆腐、冷奴、温泉卵、すまし汁なども追加可能です。

必要に応じて栄養補助食品も加わります。

~嗜好品対応~(主治医の許可のもと)

給食とは別に有料で単品または複数を組み合わせて提供致します。

内容は食べやすいゼリー類、果物、アイスクリームやシャーベット、あっさりとした卵豆腐,具なし茶碗蒸し、冷奴、また主食ではおじや、焼おにぎり、お茶漬け,麺類、うな丼等々、その他たこ焼き、鶏の唐揚げ、揚げ餃子など多岐にわたるメニューを厳選してご用意しています。

【例】

~食欲のない時には~(主治医の許可のもと)

喉ごしの良い食べやすいものが人気です。

甘味のないあっさりしたもの、甘い物などをお好みに合わせてお選びいただけます。

卵豆腐

具なし茶わん蒸し

ゼリー類

パン粥

すりおろし果物

うどん

~外食気分を楽しみたい時には~(主治医の許可のもと)

揚げ物、ソース味など味のしっかりしたメニューなど、事前のお申し込みによりご用意いたします。

この他にも単品メニューを取り揃えてお楽しみいただけます。

からあげ

揚げ餃子

焼きそば

うなぎ

たこ焼き

カレーライス

焼きおにぎり