情報公開・開示

カルテ開示

 当院では患者さまと情報を共有することで、より質の高い医療を実現することを目的として、カルテ開示(診療情報の提供)を行なっています。カルテには患者さまご自身のプライバシーに関する情報が記録されていますので、原則として患者さま以外の方への開示は行ないません。

診療情報の学術利用のお願い

医療の質向上や医療・医学の進歩のためには、継続した教育や研究が必要です。そのためには個人情報保護に十分留意したうえで、患者さまの診療情報を使用させていただくことが不可欠です。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

教育・研究における診療情報使用について同意されない場合は、その旨をお申し出ください。

診療情報とは?

 患者さまの診療の経過、診察所見、検査結果、画像、心電図、血液、あるいは手術などで取り出した病理組織などをいいます。

研究で使用する場合とは?

 臨床研究、学会報告、医学論文などの事例や統計資料としての利用のことです。

教育で使用する場合とは?

 研修医教育、看護学生実習、看護研究などの教育や資格認定などを言います。

  • 教育・研究に使用する場合においては、個人が特定できないよう匿名化を行ない、個人情報を保護します。
  • 同意していただけない場合でも、患者さまの不利益にはなりません。
  • 意思表示の内容はいつでも変更できます。